遠隔支援システムを使った遠隔指示で作業時間が短縮!離れた現場へ作業指示を的確に実施してサポート!

Atlas Directionで行う遠隔指示は、スマートグラスやウェアラブルデバイスとの相性が抜群です。

スマートグラスやウェアラブルデバイスの特性を活かして、作業者の手を止めずに作業をサポート。

 

指示者は遠隔地から現場の状況がリアルタイムに把握できるため、指示やアドバイスを行うことができます。

作業者は遠隔指示を受けながら作業をすることが出来るため、作業効率UPや作業ミス軽減が見込まれます。

Atlas Directionの遠隔指示の機能を紹介

Atlas Directionの遠隔支援システムでは様々な機能で遠隔指示を行います。

遠隔の指示者から、音声での指示はもちろん、マウスポインタでリアルタイムに指示ができたり、赤ペンで指示した画像を送付したり、テキストチャットで文字による指示を送ったり、遠隔指示に必要な機能がいくつも備わっています。

遠隔指示でのメリット

業務効率化

Atlasを利用すると遠隔指示を受けることができるようになるため、現場の作業員がより効率的に業務を行うことが出来ます。

遠隔支援システムは、現場の働き方を大きく変えることになります。

品質向上

Atlasを利用することで、遠隔地からのサポートや指示を仰ぐことができるため、有識者の的確な指示のもと、作業ミスを防ぐことができます。

コスト削減

作業場所への移動時間や移動コストは少ないほうがよいですが、ダブルチェック等で2人以上で現地へ出向くことも少なくありません。

インターネット環境さえあれば、Altasでどこでも情報共有が可能となるため、迅速な指示やサポートができ、様々なコスト削減につながります。

人材不足対策

様々な業界で、ベテラン技術者の高齢化、少子化における労働人口の減少による人手不足といった課題があります。

Atlasを活用することで、若年層への技術伝承を行ったり、拠点からの遠隔指示でより多くの現場作業をサポートできます。